適材適所の業務用ポータブル電源その選び方とは? » どう違う?ポータブル電源と蓄電池・モバイルバッテリー

どう違う?
ポータブル電源と蓄電池・モバイルバッテリー

デジタル機器を一人で複数持ち歩くことが当たり前になり、モバイルバッテリーも普及しています。手持ちのデバイスのバッテリー切れは、情報収集や連絡手段を失うだけでなく、キャッシュレス決済が使えず買い物もできない、公共交通機関にも乗れないといった事態を意味します。そのため、必要なときにデバイスを充電して、コンセントがないところでも使えるモバイルバッテリーは必需品とも言えるでしょう。

似たようなアイテムとして、ポータブル電源や蓄電池があげられますが、それぞれ容量や大きさが異なっています。

この記事ではポータブル電源と蓄電池、さらにモバイルバッテリーがどのように違うのか、代表的な使用用途などを詳しくご紹介します。

それぞれの違いについて

ポータブル電源とは

ポータブル電源と蓄電池、さらにモバイルバッテリーはコンセントがないエリアで電力を供給するアイテムという点は同じですが、供給できる電力や電流の量が異なります。ポータブル電源はスマホやPCの使用が想定されているモバイルバッテリーよりも、消費電力の大きな電化製品を使用できるのが特徴です。当然モバイルバッテリーよりはるかに大型ですが、通常の据え置き型蓄電池と比べるとコンパクトで、持ち運びを想定された設計がされています。

蓄電池とは

蓄電池とは、直接的な意味は「電気を蓄えてくり返し使える電池」のことです。停電時などコンセントから電力を供給できないときでも電化製品を利用できます。

ポータブル電源は、可搬式の蓄電池とも言えるアイテムで「モバイル」「ポータブル」と呼ばれて出回っています。一方で据え置き式の蓄電池は、大型になるため供給できる電力も大きいですが、価格も高額になりがちです。

モバイルバッテリーとは

モバイルバッテリーとは、何回も充電できる電池でも、コンパクトで持ち運びしやすいタイプのものを意味しています。主にモバイル機器を充電するのに利用され、スマートフォンやタブレットなどを充電できます。

モバイルバッテリーは主にUSB端子から出力します。コンセントなどから出力するポータブル電源と異なり、充電端子が限られているのも特徴です。

ポータブル電源(蓄電池)とモバイルバッテリーの活用シーン比較

ポータブル電源(蓄電池)とモバイルバッテリーは、想定される活用シーンが異なります。簡単にまとめると、以下のようになります。

ポータブル電源(蓄電池)

 モバイルバッテリー

まとめ

この記事では普段使いできるモバイルバッテリーから、企業のBCP対策として利用できるポータブル電源(蓄電池)まで、特徴や想定される利用シーンを紹介しました。それぞれの目的は異なるものの、容量もさまざまなものがラインナップされています。

災害時には空調や照明などだけでなく、情報収集・通信手段のためにも電気が不可欠です。用途に合わせた機器を選択できるように、用語の意味を把握しておくことは大切です。

このサイトでは、ポータブル電源の中でも大型のもの(業務用ポータブル電源)を紹介しており、それぞれの特徴を解説しています。起業やビジネスにおける非常時の対策として、ポータブル電源の導入を考えているならぜひ参考にしてください。

トップページでは、
3つの活用シーンに合わせて、
オススメの業務用ポータブル電源を
紹介しています。

【活用シーン別】
おすすめの業務用ポータブル電源
3選はこちら

活用シーン別
業務用ポータブル電源 3選

BCP・非常用の【安定稼働】な
業務用ポータブル電源

IPS-3000A
(株式会社アイ・ディー・エクス)

株式会社アイ・ディー・エクスのポータブル電源

引用元:「株式会社アイ・ディー・エクス 公式HP」https://www.idx.tv/products/index.php/item?id=573
製品の特徴
9種の保護回路搭載で安心
日本製&日本での保守対応
重さ:55kg
容量:3,000Wh
出力:3,000w

長時間使用する方用の【大容量】な
業務用ポータブル電源

EPU-8125
(株式会社エジソンパワー)

産業用蓄電池開発・製造センター.comのポータブル電源

製品の特徴
バッテリー容量8,155Wh
省エネに優れた給電方式
保護回路の種類数:記載無
重さ:約110kg
出力:2500w

日常的に使用する方用の【超軽量】
な業務用ポータブル電源

BN-RB10-C
(株式会社JVCケンウッド)

株式会社JVCケンウッド 公式HPのポータブル電源

引用元:「株式会社JVCケンウッド 公式HP」https://www.jvc.com/jp/portable-power-supply/lineup/bn-rb10-c/
製品の特徴
本体重量わずか10.9kg
ハンドル収納でコンパクト
保護回路の種類数:4種類
容量:1002Wh
出力:1000w

※2021年6月25日時点、公式HPに活用事例が掲載されている企業の中から、それぞれ以下の基準で選定しました。
・BCP対策や非常用にオススメの電源:バッテリー内の保護回路の種類が一番多かったもの
・イベントなど長時間の使用にオススメの電源:バッテリー容量が一番大きかったもの
・日常的な用途にオススメの電源:重量が一番軽かったもの